|

ブビンガ

マメ科
アフリカのガボンではケバジンゴと呼ばれる。
ナイジェリア、カメルーン、ガボンで産出されていたが、減少傾向にあり、希少。

色味辺材は淡色、桃色~赤褐色、暗色の縞
木目肌理は緻密、玉杢がある
乾燥重硬で乾燥は遅く、狂いやすい
加工性重硬なため加工はややしにくい。表面の仕上がりが良好。サンダー仕上げで光沢がでる。
靭性が高い。シロアリに強いので、屋外での使用も可。
塗装杢目を生かした塗装

アフリカ大陸の中でも、赤道直下の熱帯雨林のジャングルで生育しています。
ひときわ大きくなる木で、世界中の硬質材のなかでも、ブビンガ以上の大径木はないと云われるほどです。「神様の宿る木」として現地の人々は崇め、大切にしています。
ブビンガの特徴を一番活かせるのが一枚板のテーブルやカウンターです。 
中心部の華やかなヴィンテージコニャックのような色、複雑な杢と縞の景色はいつまでも眺めていたくなりますね。