|

スギ

スギ Japanese Cryptomeria

ヒノキ科の常緑針葉樹

日本原産で本州以南に分布。
吉野(奈良県)、尾鷲(三重県)、日田(大分県)、天竜(静岡県)、飫肥(宮崎県)智等(鳥取県)などが有名産地。
幹は真っすぐに伸び、樹高40Mほどに成長する。
葉は針状で、樹全体は円錐~卵型のシルエットが特徴。

色味心材は淡紅~暗赤褐~黒褐色、辺材は白色
木目はっきりとした杢目だが粗い
乾燥中心部に近い赤身より、樹皮側の白太の水分が抜けやすい
加工性軽軟で加工しやすい
塗装内外装材ともに塗装しやすく、発色も比較的よい

日本の針葉樹の中でも、特に建築業界では一般的な住宅から社寺建築まで、様々な部材に使用され、古くから親しまれてきた樹種。
小径木は柱や床材に、中径木は床材、外壁、屋根板、重量を支える横架材として桁や梁としても使われます。
大径木は一枚板のテーブルや、和室座敷の化粧材として重宝され、家具や建具の材料としても適しています。
「スクスクと生える木、スグ(直)な木」という意がスギの語源という説があるように、成長が早く、真っすぐによく育つ木です。